育毛剤の選び方

育毛剤の選び方ですが、まずは自分の頭皮の状態を知るということがとても大切です。

育毛剤の選び方ですが、まずは自分の頭皮の状態を知るということがとても大切です。育毛剤には、男性ホルモン抑制型・血行促進型・細胞活性型・皮脂分泌抑制型の主に四つに分けることが出来ます。



男性ホルモン抑制型とは、男性型脱毛症(AGA)の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)という男性ホルモンの生成を抑制する作用があります。これは成人以降の男性に効果を発揮しますので、女性の薄毛の原因には効果がありません。生え際・頭頂部など成人男性特有の薄毛が気になりだしたらこのタイプのものを選ぶと良いです。



血行促進型は、初期の薄毛に効果的です。毛細血管の血行を促進して、髪にきちんと栄養が行き届くようにしてくれます。薬局などで手軽に手に入る育毛剤の多くは、この結構促進型が当てはまります。



髪の毛に元気がない・細くなってしまったと思う方には、発毛をつかさどっている毛母細胞を活性化してくれる細胞活性型の育毛剤が良いでしょう。なかなか食事が思うように摂れなかったり、ダイエット中などで薄毛が気になっているという方は栄養不足が原因である可能性がとても高いです。細胞活性型の育毛剤を使用して、活動を再開させましょう。頭皮がべたべたするという方は、皮脂分泌抑制型の育毛剤を選びましょう。



頭皮がべたべたしていると、顔にたとえるとにきびが出来てしまう状態です。過剰な皮脂は毛穴につまって炎症を起こし、薄毛や抜け毛を引き起こしてしまいます。自分の薄毛の原因をよく考えて選び、効果的に育毛剤を選びましょう。

前の記事